プロのような出来

オリジナルのチラシやフライヤーを作成しようと思ったら、業者に依頼をしますよね。
一番簡単な方法は、紙に手書きのイラストや文字を書いて、自宅のプリンターやコンビニで印刷をする方法です。
また、パソコンソフトでデザインが出来る人は、そのデザインしたものを自宅のプリンターで印刷している人もいるでしょう。
しかし、自宅のプリンターやコンビニで印刷をした場合、明らかに手作りだと分かってしまいます。

会社の宣伝をするためのチラシや、イベントのフライヤーなど、オリジナルの物を作るならやっぱり業者に依頼をするのが1番でしょう。
業者に依頼をすれば、紙の素材や厚みも様々なものから選ぶことができますし、印刷技術もかなり違います。
自分でデザインしたチラシでも、プロが作ったような仕上がりになるのです。

しかし、いざ印刷業者に依頼をしようと思ったら、様々な壁があります。
きちんとデータの加工がされていなければ、文字が化けてしまったり、画像がズレてしまったりするのです。
データの修正が続けば、せっかくチラシやフライヤーを依頼しても完成が遅くなってしまいます。
そこで、今回は、データが修正することのないように、印刷前にチェックするポイントをお教えします。

what's new

2013/04/18
文字を収めるを更新。
2013/04/18
リンク切れを更新。
2013/04/18
塗り足しを更新。
2013/04/18
アウトライン化を更新。
2013/04/18
トップページを更新。